本会の案内 ABOUT US


本会の案内

本会は日本スラヴ学研究会と称します。

1984年に設立されました。

本会は、日本における(スラヴ諸地域の言語学、文学を中心とする)スラヴ学の研究発展に寄与し、研究者間の交流を促進することを目的としており、以下の事業を行なっています。

(1) 研究発表会、講演会、シンポジウム等の開催。
(2) 論集の発行。
(3) その他本会が必要と認める事業。

年一回、総会、研究発表会を開催し、『スラヴ学論集』を発行しています。


会則

日本スラヴ学研究会会則

 

第 1 条 (名称)本会は、日本スラヴ学研究会(the Japan Society for the Study of Slavic Languages and Literatures)と称する。

第 2 条 (目的)本会は、日本におけるスラヴの言語、文学、文化の研究発展に寄与し、研究者間の交流を促進することを目的とする。

第 3 条 (活動)本会は、その目的達成のため、次の事業を行なう。

(1) 研究発表会、講演会、シンポジウム等の開催。

(2) 論集の発行。

(3) その他本会が必要と認める事業。

第 4 条 (会員)本会は、スラヴの言語、文学、文化の研究に携わる会員によって構成される。

第 5 条 (会員資格)入会を希望する者は会員2名の推薦を受け、総会の承認を得るものとする。

第 6 条 (組織)本会に次の機関を置く。

総会  企画編集委員会  事務局

第 7 条 (総会)総会は、毎年1回開催する。ただし、必要に応じて、臨時総会を開くことができる。

第 8 条 (役員)本会に次の役員を置く。役員の選出は総会で行ない、任期は2年とする。再任を妨げないが、引き続いての再任は4年までとする(ただし他の役職から会長に就任する場合は除く)。

会長(1名) 企画編集委員長(1名)及び委員(若干名)

事務局長(1名) 会計監査(2名)

第 9 条 (会長)会長は本会を代表し、総会を招集し、会務を統括する。

第10条 (企画編集委員長および委員会)企画編集委員長は企画編集委員会を主宰する。企画編集委員会は、研究発表会等の企画および論集の編集を行なう。

第11条 (事務局)事務局は、事務局長および事務局長が委嘱する事務局員から構成される。事務局は、研究発表会等の実施、論集の発行、会計および会の運営全般に関わる事務を行なう。

第12条 (事務局の所在地)本会の事務局は、企画編集委員長が指定する場所に置く。

第13条 (会費)会費は年額8千円とする。ただし、常勤職に就いていない者については年額6千円、院生および学部生は年額5千円とする。また、会費を2年間滞納した者は休会扱いとし、滞納分の支払いが確認できた段階で休会を解除する。

第14条 (会計年度)本会の会計年度は5月1日に始まり、翌年4月30日をもって終わる。

第15条 (会則の変更)本会の会則は、総会の決議によって変更される。

 

付記 本会則は2000年7月1日から施行される。

2003年6月28日一部改正。2010年6月19日一部改正。 2012年6月23日一部改正。2016年6月11日一部改正。2017年6月17日一部改正。

 

(事務局の所在地) 2017年6月17日より

 〒150-8538 

東京都渋谷区東1-1-49

実践女子大学文学部国文学科

ブルナ ルカーシュ

日本スラヴ学研究会事務局


役員一覧

会長: 沼野充義    
企画編集委員長: 

阿部賢一

   
企画編集委員:

井上暁子

大平陽一

岡本佳子 

 

小椋彩

加須屋明子 

櫻井映子

 

菱川邦俊

松前もゆる

 

 

 

   
事務局:

ブルナ ルカーシュ

   
会計:

井上暁子

会計監査:

鳥山祐介

橋本聡

 

 2017年6月17日 

(任期:~2018年6月)