沿革 HISTORY


日本スラヴ学研究会 沿革

 

本研究会は、日本のスラヴ学の創始者である木村彰一の薫陶下で育った千野栄一(チェコ語)と吉上昭三(ポーランド文学)のイニシアチヴにより、ポーランド、チェコ、スロヴァキアの文献学を専攻する若手研究者を糾合して、1984年に「西スラヴ学研究会」として発足した。飯島周(一般言語学)も当初から積極的に参加した。

研究会活動の主軸となる『西スラヴ学論集』(Slavia Occidentalis Iaponica)第1号は、1986年6月に刊行された。千野、吉上の連名で執筆された巻頭言で、「西スラヴ、南スラヴの分野での若い研究者の着実な増加」と、「新進の研究者たちの研究発表の場を設ける必要性」と述べられているが、これが研究会立ち上げの動機である。当初の会員は17名であった。

5年後の1991年3月に『論集』第2号が「木村彰一追悼号」として刊行された。「まえがき」で千野は木村を「日本のスラヴ学の基礎」を創ったと評価して、「ロシア語以外のスラヴ語も重要視して、日本のスラヴ学をバランスのとれたものにしなければならない」という木村の言葉を引用している。この段階での研究会は、会員が年に数回集まって交流し、情報を交換するというかたちの「緩い」組織体だった。

以上の時期を第一期とすれば、第二期のはじまりは、2000年3月の『論集』第3号の刊行である。この号から常設の事務局が編集を担当することになり、投稿規定が明文化されて、投稿原稿の「査読」制度が取り入れられた。論文だけでなく講演記録、翻訳、書評、資料紹介などが掲載されるなど、制度化がはじまった。同時に「日本西スラヴ学研究会」という正式名称が定められて、会則が制定された。会則のなかで研究会の目的は、「日本におけるスラヴ学の研究発展に寄与し、研究者間の交流を促進すること」、具体的な活動内容は、「研究発表会、講演会、シンポジウム等の開催」、「論集の発行」などと規定された。あわせて会長職も設置された(初代会長は千野栄一)。このような研究会の制度化が可能になったのは、1991年4月から東京外国語大学にポーランド語専攻とチェコ語専攻が設置され(名称は当時のもの)、日本における西スラヴ研究の主要拠点のひとつになったことが、大きな意味を持っている。

以後、『論集』は毎年一冊ほぼ定期的に刊行されるようになった。毎年6月の大会(総会と講演会)、会員をはじめ内外の研究者による秋季(冬季)講演会、折にふれたシンポジウム、そして春季研究発表会など、年間の企画サイクルも定着した。外国籍の会員の入会と『論集』への寄稿が増えたのも、第二期の特徴である。それを反映して掲載論文は、日本語だけでなく英語、チェコ語、ポーランド語、ブルガリア語などのものも見られるようになった。会員数も2000年-36名、2005年-50名、2007年-62名と着実に増加した。

研究会としての次の第三期への転機は、2011年6月の総会で決定された「日本西スラヴ学研究会」から「日本スラヴ学研究会」への改称の決定であろう(公式の改称は一年後の2012年6月から)。研究会はすでに以前から、実質的には南スラヴ研究者なども包含する組織体になっていたが、この改称によって名称上も、すでに立ち上げ段階で意図されていたような、西スラヴ学と南スラヴ学研究者、さらに東スラヴ学研究者の一部も含めた幅広い相互交流の場になった。研究会の改称にともなって『西スラヴ学論集』は、2013年刊行の第16号から『スラヴ学論集』(Slavia Iaponica)と改められた。それをきっかけとして2013年6月には、『論集』の編集体制が拡大改編された。

また近年は、言語学、文学のみならず、美術、音楽などを専門とする研究者、バルト諸国やハンガリー、イディッシュなどの研究者も加わり、中東欧文化の包括的な研究組織としての側面も有している。国外の研究者による講演会もしばしば開催するなど、国際的な学術交流も積極的に行ない、2014年には日本ロシア・東欧研究連絡協議会(JCREES)に加盟した。また2014年6月に若手と中堅の会員の研究を奨励する目的で、「日本スラヴ学研究会奨励賞」が設置された。2016年10月現在で『スラヴ学論集』は19号まで刊行され、現時点での会員数は82名である。

最後に、『スラヴ学論集』(2015年/第18号)の「まえがき」から、本研究会を適切に特徴づけた個所を引用しておきたい。-

「日本スラヴ学研究会はスラヴ諸国、諸民族の言語・文学・文化について研究するさまざまな世代の研究者のあつまりです。スラヴ諸民族のいずれを関心の中心とするか、どのような視点に立ちどのような方法に拠るか、それぞれの立場は異なります。しかし、異なる背景、異なる関心を持つ同僚たちとの交流により視野を広げ、自らの研究をより豊かなものにすることができる場、それが日本スラヴ学研究会です」

 

歴代会長-千野栄一(2000-2002)、小原雅俊(2002-2009)、飯島周(2009-2011)、土谷直人(2011-2015)、沼野充義(2015-)

〔文責:長與進〕


A Short History of the Japan Society for the Study of Slavic Languages and Literatures (JSSSLL)

 

Our society was organized in 1984 as the Society of West Slavic Studies, which gathered young researchers from Polish, Czech, and Slovak philology. The main organizers were Eiichi CHINO (Czech linguistics) and Shozo YOSHIGAMI (Polish literature), both disciples of the founder of Slavic philology in Japan, Shoichi KIMURA. From the beginning, Itaru IIJIMA (general linguistics) also actively participated.

We published the first volume of our journal, Slavia Occidentalis Iaponica, the main pillar of the society’s activities, in June, 1986. Chino and Yoshigami wrote in its preface that the motivation for founding the society was “the steady increase of young researchers in the field of West and South Slavic studies” and “the necessity of making a place for the publication of their studies.” In the beginning, we had 17 members.

Five years later, in March, 1991, we published the second volume of the journal, dedicated to the memory of the late Shoichi KIMURA. In the preface, Chino described Kimura as the “founder of Slavic studies in Japan” and quoted him as saying, “We should make Slavistics in Japan well balanced by emphasizing the necessity of studying Slavic languages other than Russian.”

If we consider the above activities to be the first phase of the society’s development, our second phase started with the publication our journal’s third volume in March, 2000.  With it, our standing secretariat began to take charge of editing, providing the guidelines for contributions and introducing a system of external peer review for articles. In addition to the articles, we started to publish lecture notes, translations of academic articles, book reviews, introduction of materials, and more. 

At this time, we established the society’s official name, The Japan Society of West Slavic Studies, and its bylaws. We declared the purpose of the society as “contributing to the development of Slavic studies in Japan and promoting the exchange of opinions between researchers.” Its concrete activities are “to organize presentations, lectures, symposia, etc.” and “to publish the journal.” Concurrently, we also set up its presidency (the first president was Eiichi CHINO). One of the factors that made this formal institutionalization possible was the introduction, in April 1991, of the Departments of Polish and Czech Studies (these names later changed) at the Tokyo University of Foreign Studies, which became one of the centers of West Slavic studies in Japan.

Since then, the journal has been published regularly, usually once a year. We also established our annual cycle of events: general meetings with lectures in June; autumn/winter lectures by internal and external researchers; occasional symposia, and spring lectures. Another characteristic of the second phase was the internationalization of the society. The journal began to receive contributions from outside Japan, and has published articles in English, Czech, Polish, and Bulgarian. The membership also steadily increased: in 2000 it had 36 members, in 2005, 50, and by 2007, 62 members.

The transition of the society to its third phase was its renaming from the Japan Society of West Slavic Studies to the Japan Society for the Study of Slavic Languages and Literatures (JSSSLL), which was approved at its general meeting in June, 2011 (it was officially renamed a year later in June, 2012). The society in fact already included specialists in South Slavic languages. With its renaming, however, it nominally became a place for broad mutual exchanges between researchers of West and South Slavic studies and a part of East Slavic studies. This was the original intention of the society at its inception. With the renaming of the society, we also changed the title of the journal, Slavia Occidentalis Iaponica, to Slavia Iaponica, with the English subtitle Studies in Slavic Languages and Literatures (beginning with volume 16 in 2013). In June, 2013, we strengthened the journal’s editing system.

Recently, the society has also functioned as a comprehensive research organization for Central, Eastern European, and Balkan culture, including research concerning the arts and music. We not only have researchers in Slavic studies, but also specialists in Baltic, Hungarian, and Yiddish studies. The society frequently organizes lectures given by researchers from other countries and actively promotes international collaborations. In 2014, it joined the Japan Council for Russian and East European Studies (JCREES). In June 2014, we established the JSSSLL Encouragement Prize in order to encourage research by members of the younger and middle-aged generations. As of October 2016, the journal has published up to volume 19 and the society has 82 members.

 

Our presidents: Eiichi CHINO (2000-2002), Masatoshi KOHARA (2002-2009), Itaru IIJIMA (2009-2011), Naoto TSUCHIYA (2011-2015), and Mitsuyoshi NUMANO (2015-Present)

 (Susumu NAGAYO)