2011


6月18日(土) 

 

総会・講演会

早稲田大学 早稲田キャンパス9号館5階大会議室

14:00~15:30 総会

16:00~18:00 講演会(共催:北海道大学グローバルCOE「境界研究の拠点形成」)

講演者:ウェイルズ・ブラウン教授(コーネル大学言語学科)
題 目:Groups of Clitics in West and South Slavic languages

講演者:ブライアン・ジョセフ教授(オハイオ州立大学言語学科)
題 目:Language Contact and the Balkan Lexicon: Enriching our
Understanding of the Balkans and of Language Contact

司会:野町素己(北海道大学スラブ研究センター)


6月19日(日)

 

研究発表会・合評会

立教大学 池袋キャンパス5号館2階5209教室

10:00~10:25 第Ⅰ報告(司会:笹原健)
報告者:佐藤規祥(中京大学非常勤)
題 目:スラヴ語文化語彙におけるブドウ栽培用語とその起源

10:25~10:50 第Ⅱ報告(司会:ヨフコバ四位エレオノラ)
報告者:菅井健太(東京外国語大学大学院博士後期課程)
題 目:ブルガリア語における目的語の接語重複と焦点性

11:00~11:25 第Ⅲ報告(司会:小椋彩)
報告者:加藤有子(東京大学文学部・人文社会系研究科)
題目:目から手へ―ブルーノ・シュルツの短編「天才的な時代」と目、手、足

11:25~11:50 第Ⅳ報告(司会:大平陽一)
報告者:宮崎淳史(東京外国語大学大学院博士後期課程)
題名:シュルレアリスムにおけるイメージの伝播――美術作品に描かれたトルソのモチーフを中心としたチェコと日本の比較

13:10~13:35 第Ⅴ報告(司会:久山宏一)
報告者:菅原 祥(京都大学大学院文学研究科(社会学)博士後期課程)
題 目:「社会主義的ユートピア都市」の過去と現在:ポーランド、ノヴァ・フータをめぐる記憶と言説

13:35~14:00 第Ⅵ報告(司会:阿部賢一)
報告者:奥山 史亮(北海道大学大学院文学研究科)
題 目:クリアーヌの思想における「ルーマニア」と「ソヴィエト」

14:20~17:00 合評会:《スラヴ戦線異状なし?》(司会:長與進)
――『ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化』(成文堂、2010年)を講評する。


11月16日(水) 

 

講演会

早稲田大学 早稲田キャンパス 9号館5階 第1小会議室

共催: 北海道大学グローバルCOEプログラム

「境界研究の拠点形成:スラブ・ユーラシアと世界」

 

15:00~16:50 第1講演

講演者:ルセリナ・ニツォロヴァ教授(ソフィヤ大学)
Руселина Ницолова (Софийски университет „Св. Климент Охридски“)
題目:「ブルガリア語形態論における語用論的意味」
(Прагматични значения в българската морфология)
* 講演はブルガリア語、通訳はヨフコバ四位エレオノラ氏(神田外語大学)。


17:00~18:50 第2講演
講演者:ロザンナ・ベナッキオ教授(パドヴァ大学)
Rosanna Benacchio(Università degli Studi di Padova)
題目:Slovene dialects in Italy and Language Contact
* 講演はイタリア語、通訳は山本真司氏(東京外国語大学)。
司会 野町素己(北海道大学スラブ研究センター) 

 

 

講演会活動報告

 

本会の2011年度秋季講演会(北海道大学グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成:スラブ・ユーラシアと世界」と共催)は、11月16日(水)午後3時から6時半まで、早稲田大学早稲田キャンパス9号館5階第1小会議室で開催された。

ルセリナ・ニツォロヴァ氏(ソフィア大学)の「ブルガリア語形態論における語用論的意味」(講演はブルガリア語、通訳は会員のヨフコバ四位エレオノラ氏)と、ロザンナ・ベナッキオ氏(パドヴァ大学)の「イタリアにおけるスロヴェニア方言と言語接触」(講演は英語、イタリア語部分の通訳は山本真司氏(東京外国語大学))の2本の講演が行われた。

充実した内容の講演のあと、熱のこもった質疑応答が行われた。参加者は合計12名。(長與)

ルセリナ・ニツォロヴァ氏(左)
ルセリナ・ニツォロヴァ氏(左)
ロザンナ・ベナッキオ氏(右)
ロザンナ・ベナッキオ氏(右)