シュテフェン・ヘーネ教授講演会

シュテフェン・ヘーネ教授講演会

 

【日時】:2013年1月25日(金)17:00~19:00

 

【会場】:専修大学・神田キャンパス・7号館(大学院棟)7階773教室

 

【アクセス】:http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html#kanda

神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分

九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分

水道橋駅(JR)西口より徒歩7分

地下鉄・神保町駅から来る場合は、「A2」出口を出て右方向すぐの「専大前」交差点(「専大通り」と「靖国通り」の交差点)を右折して左側すぐ(神田古書店街北西側)

 

 

【講演題目】:「民族再生期のドイツ・チェコ関係」

 *講演はチェコ語(通訳付)、質疑応答はドイツ語(通訳付)

 *一般参加自由・予約不要・無料

 

【講師紹介】:シュテフェン・ヘーネ教授。1956年デュッセルドルフ生まれ。デュッセルドルフ大学卒。フランツ・リスト音大教授、プラハ・カレル大学兼任講師。専門は特にドイツ・チェコ関係で、『言語・経済・文化――相互作用におけるドイツ人とチェコ人』(ミュンヘン、1997年)などの業績がある。

http://www.hfm-weimar.de/v1/studium/institute/fk3/kulturmanagement/dozenten/hoehne_neu.php

 

【司会・問い合せ先】:石川達夫(専修大学教授)

ishikawa.kamizono@gmail.com

 

* 日本学術振興会・基盤研究(B)「プラハとダブリン」(課題番号23320070) 科研費補助金による行事。