木村彰一先生生誕百周年記念シンポジウム

日本ロシア文学会・日本スラヴ学研究会共催

木村彰一先生生誕百周年記念シンポジウム


司会 服部文昭(京都大学)


2015年6月6日(土)2時から6時

東京大学文学部2号館2階2番大教室


プログラム

14:00-14:10 開会挨拶

望月哲男(日本ロシア文学会会長)

土谷直人(日本スラヴ学研究会会長)


14:10-15:40 第1部 「『師』としての木村彰一先生」

坂倉千鶴(外務省研修所)/フィロロジストのまなざし

澤田和彦(埼玉大学)/早稲田と木村先生と『オネーギン』

岩井憲幸(明治大学)/『コンスタンティノス一代記』訳註の頃


15:40-16:00 休憩


16:00-17:00 第2部 「今に生きる木村彰一先生」

中村唯史(京都大学)/ロシア文学者としての木村彰一先生

小椋彩(東京大学)/木村訳で読むポーランド文学の愉しみ

大平陽一(天理大学)/木村先生とロマン・ヤコブソン



17:00-17:50 全体討論


17:50 閉会の辞

長與進(早稲田大学)


問い合わせ

tridoline@mail.goo.ne.jp

slav@l.u-tokyo.ac.jp(三谷恵子)


木村記念シンポジウム実施委員会

阿部賢一、中村唯史、長與進、服部文昭、三谷恵子


ダウンロード
木村彰一先生生誕百周年記念シンポジウムポスター表
kimura sympo omote.pdf
PDFファイル 1.4 MB
ダウンロード
木村彰一先生生誕百周年記念シンポジウムポスター裏
kimura sympo ura.pdf
PDFファイル 801.1 KB