リトアニア語、ポーランド語、ドイツ語における動作主性と無人称構文

日時:7月10日(月)16:30~18:00

報告者:リディア・フェデリカ・マッツィテリ博士(ケルン大学、ドイツ)

題目:リトアニア語、ポーランド語、ドイツ語における動作主性と無人称構文

会場:東洋大学白山キャンパス5号館2階5201教室(http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html

連絡先:野町素己(mnomachi[at]slav.hokudai.ac.jp)

主催:JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (A) Grant Number 17H01641

共催:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター

後援:日本スラヴ学研究会