ワークショップ「バルカン地域研究の新展開―民族文化の越境・接触・変化をめぐる多角的研究を目指して―」開催のお知らせ

ワークショップ「バルカン地域研究の新展開―民族文化の越境・接触・変化をめぐる多角的研究を目指して―」開催のお知らせ

 

2018年2月3日(土)に、東京大学本郷キャンパスにて地域研究コンソーシアム(JCAS)次世代ワークショップ「バルカン地域研究の新展開―民族文化の越境・接触・変化をめぐる多角的研究を目指して―」を開催する運びとなりましたのでご連絡さ

せていただきます。

本企画は、日本におけるバルカン地域研究の礎を築いてきたベテラン研究者による基調講演と若手のバルカン地域研究者による研究報告からなる二部構成のワークショップとなっております。詳細につきましては、pdfファイルのチラシとプログラム

をご参照ください。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

 

日時:2018年2月3日(土)10:00~17:15

会場:東京大学本郷キャンパス文学部法文2号館2番大教室

主催:地域研究コンソーシアム (JCAS)

共催:京都大学東南アジア地域研究研究所

後援:日本スラヴ学研究会

お問い合わせ:企画代表 岡野要 (okanovickaname[at]gmail.com)

※事前申し込み不要・参加無料

京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程

岡野 要

ダウンロード
ワークショッププログラム
バルカン2018.02.03.プログラム.pdf
PDFファイル 559.1 KB
ダウンロード
ワークショップチラシ
バルカン2018.02.03.チラシ.pdf
PDFファイル 871.9 KB