2018年度日本スラヴ学研究会講演会

2018年度 日本スラヴ学研究会講演会のご案内

 

 12月1日、東京大学(本郷キャンパス)にて講演会を開催します。今回は、ポーランド文学研究の第一人者Przemysław Czapliński氏と、大戦間期のポーランド・ユダヤ文学研究をけん引するMagdalena Marszałek氏にお話しいただきます。

 前者は10を超える著書があり、ポーランドで最も権威ある文学賞のひとつ、コシチェルスキ財団賞をはじめとする数々の受賞歴をお持ちです。政治、メディア、読みの慣習、文学制度、文学賞など、文学を機能させる社会的諸条件と文学の関係にとりわけ高い関心を寄せてこられましたが、近年の研究領域はポーランドにとどまらず、ヨーロッパ全域に及んでいます。今回は、かつて「中東欧」と呼ばれた地域の多言語性の形成・変容過程を政治的社会的文脈に即して振り返った上で、この多言語性のもつ今日的意義について論じていただきます。

後者はポーランド・ユダヤ文学を中心に、幅広い領域で精力的にご活躍されているドイツのポーランド文学研究者です。今回は、1930年代シオニストのポーランド語/イディッシュ語詩人がヘブライ語やパレスティナに対してもっていたイメージについてご講演いただきます。奮ってご参加ください。

 

[日時]:2018年12月1日(土)PM3:00-6:00

 

[場所]:東京大学本郷キャンパス 法文1号館113教室

 

[講演タイトル]

Przemysław Czapliński (Adam Mickiewicz University in Poznań, Poland)

“In how many Languages does Central Eastern Europe not Communicate with Itself?”

 

Magdalena Marszałek (University of Potsdam, Germany)

“Transculturality and its Discontents: Jewish-Polish Literature between the World Wars” 

 

[進行]井上暁子(熊本大学)

・使用言語:英語。入場無料・予約不要。

 

[講演者プロフィール]

Przemysław Czapliński アダム・ミツキェヴィーッチ大学ポーランド文学研究所教授。文芸評論家、翻訳家。

 

主要著書:Ślady przełomu. O prozie polskiej 1976 – 1996, Kraków 1997; Literatura polska 1976-1998. Przewodnik po prozie i poezji, Kraków 1999 (wraz z Piotrem Śliwińskim); Wzniosłe tęsknoty. Nostalgie w prozie lat dziewięćdziesiątych, Kraków 2001; Powrót centrali. Literatura w nowej rzeczywistości, Kraków 2007; Resztki nowoczesności. Dwa studia o literaturze i życiu, Kraków 2011; Poruszona mapa. Wyobraźnia geograficzno-kulturowa polskiej literatury przełomu XX i XXI wieku, Kraków 2016.

 

Magdalena Marszałek ポツダム大学スラヴ文学・文化研究科教授。

主要著書:„Das Leben und das Papier“: Das autobiographische Projekt Zofia Nałkowskas: Dzienniki 1899-1954, Heidelberg 2003; Życie i papier“: Autobiograficzny projekt Zofii Nałkowskiej: Dzienniki 1899-1954, Kraków 2004.

共編著:Geopoetiken. Geographische Entwürfe in den mittel- und osteuropäischen Literaturen, 2010; Nach dem Vergessen. Rekurse auf den Holocaust in Ostmitteleuropa nach 1989, Berlin 2010; Seien wir realistisch. Neue Realismen und Dokumentarismen in Philosophie und Kunst, Berlin 2016; Über Land. Aktuelle literatur- und kulturwissenschaftliche Perspektiven auf Dorf und Ländlichkeit, Bielefeld 2017. 

 

[主催]:日本スラヴ学研究会、日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤B「東欧文学の多言語的トポスをめぐる研究」(H27-30年度、代表者:井上暁子)

 

[共催]:東京大学人文社会系研究科現代文芸論研究室

 

[問合先]:stinoue@kumamoto-u.ac.jp