特別講演会「緑のスラヴ文学:中東欧のエコクリティシズム」

日本スラヴ学研究会特別講演会

 Green Slavic Literatures: Ecocriticism in Central and Eastern Europe

 緑のスラヴ文学:中東欧のエコクリティシズム

 

【趣旨説明】

 エコクリティシズムとは、主に英米文学研究において発生し、1990年代以降発展してきた文化批評のジャンルで、自然環境、およびその文化や人間との関係をめぐって新しい枠組みの構築を目指すものです。スラヴ語文化圏でもオルガ・トカルチュクのように環境を意識した創作活動を行う作家は増えていますが、エコクリティシズムを軸にした研究は始まったばかりといえます。今回の講演会ではポーランドとウクライナからこの分野で活躍している2人の研究者を招いて、最新の研究動向を紹介していただきます。

 

【プログラム】 

Opening Remarks: Hikaru Ogura (Toyo University)

Lecture 1: Anna Barcz (Rachel Carson Center for Environment and Society)

   How Literature Makes Environments Speak? The Case of Central Eastern Europe.

Lecture 2: Tamara Hundorova (Shevchenko Institute of Literature)

   The Post-Chornobyl Library: Nuclear Discourse, Postmodernism and Post-Soviet Irony

Closing Address: Susumu Nagayo (President of ISSSLL)

Chair: Go Koshino (University of Tokyo)

 

Language: English(通訳はつきません)

 

日時:127日(土)15001800

場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館212号室

 主催:日本スラヴ学研究会

 共催:科学研究費「ロシア・ウクライナ・ベラルーシの交錯東スラヴ文化圏の領域横断的研究」、科学研究費「社会主義文化のグローバルな伝播と越境「東」の公式文化と「西」の左翼文化」

 

【講師紹介】 

Anna Barcz アンナ・バルチュ

 ルドヴィヒ・マキシミリアン大学(ミュンヘン)レイチェル・カーソン・センター・フェロー(2019/2020)。ポーランド科学アカデミー文学研究所(ワルシャワ)にて博士号取得。2015

年よりビェルスコ・ビャワ大学で助教として勤務するほか、ワルシャワ大学でも教鞭を執る。専門はエコクリティシズム、環境人文学。近年、社会主義東欧の環境文化史における非人間の表象について研究を進めている。以下のような主著がある。 Environmental Cultures in Soviet East Europe: Literature, History, and Memory. London: Bloomsbury Publishing (forthcoming in 2020); Animals as Subjects of Historical Narratives: Literature and its Impact on History (in Polish). In: Historia i narracje. Od historii lokalnej do opowiesci postantropocentrycznej. Ed. R. Makarska. Krakow 2019: Universitas. 169-185.

 

 Tamara Hundorova タマーラ・フンドロヴァ

 ウクライナ科学アカデミー文学研究所教授、文学理論・比較研究部門の主任をつとめる。ポストモダニズム、フェミニズム、チェルノブイリ問題など様々な角度からウクライナ近現代文学を論じている。 最近、主著のひとつがThe Post-Chornobyl Library: Ukrainian Postmodernism of the 1990s (Academic Studies Press, 2019)として英訳出版された。

 

【発表要旨】

How literature makes environments speak? The case of Central Eastern Europe

 The environmental cultures in Central Eastern Europe evolved from the world of highly instrumentalized relations towards nature. They represent the contaminated world: its contaminated language, landscape, memory and even history. And as such, their literature makes environments speak in various powerful literary texts that have accompanied the history of this contamination. In my talk, I will present the examples of this polyphony of voices in the tender mediation of literary language of poetry and prose including The Ice by Jacek Dukaj and Drach by Szczepan Twardoch where non-human agents receive a powerful environmental voice.

 

The Post-Chornobyl Library: Nuclear Discourse, Postmodernism and Post-Soviet Irony

 The Chornobyl discourse nowadays is not only associated with a socio-techno-ecological catastrophe that occurred in a certain time and place but also refers to the postapocalyptic text about the fate of modernity, culture, and human in the end of the 20th century. The Chornobyl nuclear apocalypse becomes an important cultural metaphor as well as a laboratory for the postmodern imagination. The post-Chornobyl library represents the mixture of voices, genres, and codes. It also signifies the emergence of texts that speaks of trauma and reflects the collisions of the post-Soviet time in Ukrainian culture. A carnivalization of the apocalypse is the main paradigm of the post-Chornobyl text.