飯島周先生追悼シンポジウム

 

日時   12月5日(土) 14時00分~17時20分

開催方法 ZOOMによるオンライン開催

 

プログラム

 

・日本スラヴ学研究会2018/2019 年奨励賞表彰式

 

・開会の辞 三谷惠子(本会企画編集委員長)

 

・冒頭挨拶 ミラン・スラネッツ(駐日チェコ共和国大使館次席参事官)

      石川晃弘(日本チェコ協会/ 日本スロバキア協会会長)

 

・石川達夫(専修大学)「飯島周先生のお人柄とお仕事」

・長與進(本会会長)「チェコスロヴァキア軍団側から見たヤロスラフ・ハシェク」 

 

・ブルナ・ルカーシュ(実践女子大学)「厳重に監視された人間── O・シャインプフルゴヴァー『隔離」をめぐって」

 

・大平陽一(天理大学)「プラハ学派の戦後──ボガトゥィリョフとヤコブソンの場合」

 

・質疑応答

・閉会の辞 長與進(本会会長)

・司会 三谷惠子(本会企画編集委員長)

 

詳細については、添付のプログラムと発表要旨をご確認ください。

なお、会員は登録不要です。参加に必要なZOOMのリンクは別途お送りします。