スラヴ学論集 2004 年(第 7 号)

 

まえがき ………………小原雅俊………2

 

【論文】

上ソルブ語の語彙目録の変化と標準語形成の過程 ………………三谷惠子………4

 

タデウシュ・カントルの〈演劇〉 ………………津田晃岐………21

 

Poznámky k prezentaci Romů v českém tisku 90. let ………………Jiří Homoláč………73

 

【研究ノート】

ミチンスキの初期創作とポーランド・メシヤニズムをめぐって ………………小椋彩………89

 

【資料紹介】

プラハ言語学サークルのテーゼ

──第 1 回スラヴ言語学者会議(1929 年プラハ開催)提出資料── …………飯島周………104

  

【翻訳】  
ミロシュ・ワインガルト「教会スラヴ語のチェコスロヴァキアタイプ」(1)

………………金指久美子(訳)………139

 

 

執筆者一覧 ………………………154

活動記録(2003 年 3 月〜2004 年 2 月) ………………………155

編集後記 ………………………156

日本西スラヴ学研究会 ………………………157

「西スラヴ学論集」投稿規定 ………………………158