スラヴ学論集 2006 年(第 9 号)

 

【講演】

ポーランド語の文法性は性差別的カテゴリーか? ……ヘンリク・ドゥダ(石井哲士朗訳)………4

 

【論文】

上ソルブ語の受動文二種:動詞項焦点受動と動詞焦点受動 ………………笹原健………17

 

ベルナルド・ベロットのワルシャワ時代──《スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの選挙》についての考察 ………………金沢文緒………35

 

デボラ・フォーゲル『アカシアが花咲く──モンタージュ』考察──1930 年代ルブッフの造形美術家集団「アルテス」との関係 ………………加藤有子………55

 

Polski tekst mówiony jako przedmiot zainteresowań lingwisty  –propozycja systemu transkrypcji oraz metod analizy tekstu– ………………Mirosława Kaczmarek………81

 

【翻訳】  
ミロシュ・ワインガルト「教会スラヴ語のチェコスロヴァキアタイプ」(3)

………………金指久美子(訳)………117

 

 

執筆者一覧 ………………………151

活動記録(2005 年 3 月〜2006 年 3 月) ………………………152

編集後記 ………………………153

日本西スラヴ学研究会 ………………………154

「西スラヴ学論集」投稿規定 ………………………155