スラヴ学論集 2020 年(第 23 号)

ダウンロード
SlaviaIaponica_23_2020_FullText.pdf
PDFファイル 3.3 MB

 

 

まえがき …………………三谷惠子………3

 

【講演】

The Bosnian Language: Recent Developments  …………………Gerhard Neweklowsky………7

 

レム的思考   …………………Jerzy Jarzębski………23

 

Russian Émigrés in Poland and Dmitry Filosofov …………………Piotr Mitzner………35

 

【シンポジウムⅠ】

東欧文学の多言語的トポス:複数言語使用地域の創作をめぐる求心力と遠心力 

                          …………………井上暁子………47

 

【シンポジウムⅡ】

ポーランド文学の多様性──レム、シュルツ、フォーゲル、工藤幸雄── 

                          …………………加藤有子………51

 

【論文】

Vojvodina Rusyn Motion Verbs in the Context of Language Contact ……………Kaname Okano………59

 

【研究ノート】

ラジスラフ・ストナルのデザイン論についての覚書 …………………大平陽一………81

 

ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』における情動理論的研究 ……………土屋優………113

 

【書評】

イヴォ・アンドリッチ著、栗原成郎訳『宰相の象の物語』(松籟社、2018 年、252 頁)、

Michael Martens. Im Brand der Welten. Ivo Andrić. Ein europäisches Leben (Wien: Zsolnay, 2019, 494S) …………………三谷惠子………125

 

大平陽一・新井美智代編訳『子どもたちの見たロシア革命:亡命ロシアの子どもたちの文集』

(松籟社、2019 年、285 頁) …………………安達大輔………131

 

エヴァ・ホフマン著、小原雅俊訳『シュテットル:ポーランド・ユダヤ人の世界』

(みすず書房、2019 年、368 頁) …………………宮崎悠………137

 

ユーリー・S・マスロフ著、林田理惠・金子百合子訳『アスペクト論』

(ひつじ書房、2018 年、432 頁) …………………堤正典………143

 

執筆者一覧 …………………155

活動記録 …………………157

編集後記 …………………162

日本スラヴ学研究会会則 …………………163

『スラヴ学論集』投稿規定 …………………164

日本スラヴ学研究会奨励賞に関する内規 …………………165

奥付 …………………166